Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C216]

全俺が泣いた!
  • 2007-07-18 20:51
  • 七誌
  • URL
  • 編集

[C213]

同じく疑問に思って調べてみました。
ttp://img.yahoo.co.kr/game/silkroad/silkroadonline_4/gdata_img/mon_img/ose_img/oef_view/15.jpg
右手がフック船長ばりの義手でした。
  • 2007-07-17 23:25
  • parisno02
  • URL
  • 編集

[C212]

ウルチって手無かったでしたっけ? あまり覚えてない・・・
眼帯は印象に残ってるんですけどw
  • 2007-07-17 21:01
  • ちわー!名無し屋です
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://parisno02.blog102.fc2.com/tb.php/307-fc831014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タリム盆地シナリオ-忠臣(ウルチ)

ウルチの話です。彼の忠臣振りに男気が感じられて惚れそうです。
それにしても長安の現将軍様いろんな話に出てくるなぁ。
黒漠巣窟で黒漠盗賊団の首長をしているウルチは元々唐の有名な将軍であった。



彼の軍隊はいつも先頭の最前線に立って敵方を蹂躙し、戦争では一度も負けたことが無いことで有名だった。
それによって皇帝のウルチに対する信頼は厚く、彼の部隊はますます大きくなった。
ウルチが功績を立てるのは力強い実力によってでもあるが、彼の親友であり部隊長である孫玄の優れた戦略も大きく影響していた。
しかし、ウルチの名声が高まるほど彼らを妬む人々も増えていった。
時が過ぎてもまっすぐな性格のために他の官吏や将軍達と馬が合わなかった彼は、孫玄と年の近い長老を除き、朝廷の大部分の役人達から嫌われていた。

ある日皇帝は、全唐の将軍を呼び集めて大々的に狩り大会を開いた。多くの将軍達が自分の実力を皇帝に見せるために熱心に狩をしていたとき、ウルチと孫玄達は無意味な狩り大会を嘆いて森の片隅にて部隊運用の論議をしていた。
しばらく論議していたとき、狩をしている将軍達とは別の輩がいることに気づいたウルチは、慌てて皇帝のそばまで馬を寄せた。
何も気づかずに狩を楽しんでいた皇帝は、ウルチが駆けつけてくるのを見て手を上げて迎えようとしたが、彼は皇帝を地面に突き飛ばした。
ウルチの突飛な行動に皇帝は怒鳴りつけようとしたが、ウルチの背に矢が刺さっているのを見つける。
ウルチによって計画が頓挫したその存在は、本来の目標である皇帝を暗殺するためにさらに矢を射たが、ウルチについてきた将軍達によって失敗し、護衛兵が捜索を始めると稲妻のように消え去った。
こうして命をとして皇帝を救ったウルチはその後唐の全軍を指揮する大将軍に任命され、一部の人の彼への妬みも一層おおきくなっていった。

その事件の後のある夜、ウルチは執務室で遅くまで仕事をしていた。その時突然一通の矢文が飛んできた。そこには今夜皇帝を殺害しようとする輩が皇帝の寝所を襲うということが書かれていた。
落とし穴かもしれないとおもったが、丁度孫玄が実家に用があって早くに帰ったのでこれといった話し相手もいなかった彼は孫玄に書信を送った後皇帝の元へと駆けつけた。
皇帝のいる建物はとても静かであった。大将軍が駆けつけたのを見た兵士達は慌てて道を退いてくれたのでウルチは楽に皇帝の寝所までたどり着くことができた。
あまりの静けさが気にかかったウルチは皇帝の安否を確かめようとした瞬間人影が皇帝の寝所へと入っていくのを見つけ、彼は剣を抜いて寝所へと飛び込んだ。
しかし皇帝の寝所には人影が無く、むしろウルチの侵入に皇帝は驚いて目が覚めた。
皇帝がウルチに何事かを問おうとしたとき、一人の兵士がウルチが刀で皇帝を暗殺しようとしてたと答え、彼は落とし穴にはまったことに気づいたが既に後の祭りであった。
彼は奸臣の落とし穴にかかって濡れ衣を着せられ、逆賊にさせられてしまった。
こうしてウルチは皇帝を殺害しようとした疑いで監獄に閉じ込められ、多くの役人達の審議により数日後に処刑されることになった。
ウルチが処刑される前日、多量の軍隊が闇にまぎれて監獄周辺へと集まった。
ウルチが大将軍になる前に彼が導いた部隊の兵士だった彼らは、自分の将軍が無念にも死ぬことを見ていられず、彼を救うために秘密裏に救出作戦を計画したのである。
彼らは世が更けると一人二人監獄まで忍び込んで作戦を開始した。
最大限の注意を払ってウルチの監獄までたどり着いた彼らは、ウルチを監獄から出そうとしたが、兵士達を見たウルチは孫玄将軍が車では絶対に動かないと意地を張った。
彼らは颯爽と孫玄将軍の家へと駆けつけ、事情を話して彼を監獄まで連れて行った。孫玄に会ったウルチは彼に国を頼むといい、自分は仕方なく逃亡するが孫玄はここに残って皇帝を守るよう頼んだ。
そして皇帝に見た夢と野望を置いていくといって自分の右目と手を切り取り、そのまま孫玄を後にして兵士と共に脱出した。
その後逃げたウルチはタリム盆地で黒漠団という盗賊団を創設して名を揚げ、孫玄将軍は北方の蛮夷を打ち破る功を立てて大将軍に任命される。
こうして二人の運命は遠ざかっていった。
スポンサーサイト

コメント

[C216]

全俺が泣いた!
  • 2007-07-18 20:51
  • 七誌
  • URL
  • 編集

[C213]

同じく疑問に思って調べてみました。
ttp://img.yahoo.co.kr/game/silkroad/silkroadonline_4/gdata_img/mon_img/ose_img/oef_view/15.jpg
右手がフック船長ばりの義手でした。
  • 2007-07-17 23:25
  • parisno02
  • URL
  • 編集

[C212]

ウルチって手無かったでしたっけ? あまり覚えてない・・・
眼帯は印象に残ってるんですけどw
  • 2007-07-17 21:01
  • ちわー!名無し屋です
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://parisno02.blog102.fc2.com/tb.php/307-fc831014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

parisno02

Author:parisno02
FF11に出戻り中。芝に住んでます。

最近の記事

カウンター


シルクロードオンライン日本公式サイト
シルクロードオンラインブログサイト

フリーエリア

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。